九州自然学校協議会
九州自然学校協議会は「災害教育と自然体験の講師陣」の紹介。廃校利活用など九州の自然と社会をつなぐコンサルティング。広告代理業を行っています。自然体験活動を通じて災害教育やボランティア情報の提供、アウトドアでの事故ゼロにも対応できる機関として設立されました。
(#日本全国には自然体験ができる学校が約3,700校があり、九州7県には約260校、沖縄県内に約320校があります。)
お知らせ
私たちの理念
活動紹介
活動報告
特別講師
加盟団体
フェロー会員
ショッピング
トップページ > 九州自然学校協議会の理念
自然学校理念
九州自然学校協議会トップページへ
お問合わせはこちら
  • お知らせ
  • 私たちの理念
  • 活動紹介
  • 活動報告
  • 加盟団体
  • 特別講師
  • フェロー会員
  • ショッピング
「自然学校」の本業は、自然体験活動です。キャンプやエコツアー、体験活動型の教育プログラム等、その地域の自然や文化をテーマとした様々な事や活動を行っております。1960年代の公害教育から始まった自然保護運動は現在の環境教育へと進化し、併せて自然の中で「生きる力」を育む野外教育プログラムは自然学校理念の根幹の一つを担ってきました。1987年から始まった当時の先進的な環境教育の「清里環境教育ミーティング」は、全国的なネットワークへと広り現在も継続されています。1996年2月、東京で「自然学校宣言!」なるシンポジウムが行われ日本でも「自然学校」が確立されました。
九州自然学校協議会 スタッフ紹介
代表・山口久臣
事務局長・伊志嶺朝紀
事務局MC担当・東田縁
事務局web担当・森田典道
事務局企画開発・荒木克記
ページトップへ